SFAは使う機能を絞り込む必要がある

バブル時代にはAV機器などの高機能化が進んだとされ、高いわりに使わない機能がたくさん付く状態がありました。
その後バブル崩壊でメーカーの業績が悪くなると価格を下げる必要があり、機能も絞り込まれるようになりました。
メーカーとしては機能がたくさんつけて高く売りたい気持ちもあるのでしょうが、一見便利そうに見えても実際は使わない機能などもあります。
企業が利用する業務システムにおいても機能が多いものがあるので導入時には注意が必要です。
SFAは多くのソフトメーカーが販売していて、多くの企業に対応できるよう多機能なものもあるようです。
もちろんその機能を使えばいいのでしょうが、導入企業によっては機能が多すぎて機能の使い方を知るのに時間がかかるときがあります。
新入社員にも使い方を教育しなければならず、その時間が無駄になるかも知れません。
SFA導入においては多機能なシステムでも使う機能を絞り込むようにしておけば、当初の導入も教育もしやすくなるでしょう。

協力業者様募集はこちら|株式会社AEグループ

お客様の会社を大きくするお手伝い
ただ工事を任せるだけでなく、会社自身の目線から支援します

カッコイイNAWATOBI知っていますか?
ダブルタッチチームの演技一度見てみてください

http://www.oka-shika.jp/
お子様連れの親御様も気軽に通える歯医者ならおか歯科クリニックへ

最新記事