SFAは使う機能を絞り込む必要がある

バブル時代にはAV機器などの高機能化が進んだとされ、高いわりに使わない機能がたくさん付く状態がありました。
その後バブル崩壊でメーカーの業績が悪くなると価格を下げる必要があり、機能も絞り込まれるようになりました。
メーカーとしては機能がたくさんつけて高く売りたい気持ちもあるのでしょうが、一見便利そうに見えても実際は使わない機能などもあります。
企業が利用する業務システムにおいても機能が多いものがあるので導入時には注意が必要です。
SFAは多くのソフトメーカーが販売していて、多くの企業に対応できるよう多機能なものもあるようです。
もちろんその機能を使えばいいのでしょうが、導入企業によっては機能が多すぎて機能の使い方を知るのに時間がかかるときがあります。
新入社員にも使い方を教育しなければならず、その時間が無駄になるかも知れません。
SFA導入においては多機能なシステムでも使う機能を絞り込むようにしておけば、当初の導入も教育もしやすくなるでしょう。

精製後の金などを預かるサービスも実施!
必要な時に必要な貴金属を取り出せる仕組みのため、保管場所・管理に困りません。

様々な産業分野の発展に必要不可欠なファインケミカル品
石油化学や食品・原子力といった様々な分野に必要不可欠な触媒を開発・製造しています。

車両から出る有害物質を無害にできるものを製造します
大量に排出される一酸化炭素などの有害成分を無害なものに素早く処理します。

改質触媒

顧客のエンジンに合わせたCO/有害物質処理製品

環境保護に貢献できる車両を実現するのに役立つ成分
人体や環境に有害な物質を除去し、燃費性能を向上させます。

最新記事